私達夫婦は休みの日はだいたい共に行動している。主人は夫婦いつも一緒にいるのが当たり前とどこからそういう思考になるのかはよくわからないけど、必ず休み前日、または休みの朝。「さぁどうする?」と必ず聞いてくる。聞かれるのが結構くつうな時もあり。ゴールデンウィークは結婚してからは必ず一緒にいるのだが、今年初めて、離れて過ごす事となった。

主人の実家は九州なのだが、所要でどうしても主人が行かなくてはならない事となった。私と子供達は留守番で、内心やったぁ!と飛び上がりたい気持ちを抑えて、「大変でしょうが、気をつけて行ってきてね。皆さんによろしくね」なぁんてしおらしく送り出し、出かける後ろ姿を見届けて、速攻2階の寝室に直行。ワンコ達もいるので連れ立ち2度寝。広々としたベッド。2度寝も伸び伸び。

ともかくイビキがひどいので、それがないだけでも、とっても楽。静か。日中は普段とそう変わりないけで、夕飯は時間気にしなくて作れるし、好き嫌いがわりとある主人の分までおかずは作らなくていいし、夜は必ず晩酌なので、ダラダラ食べているから一度に片付けができないけど、いないと、さっさと片付けが終わりゆっくり座れて大変楽なもんです。自分のペースで動けることが、こんなに楽なのかと心底思える。

最近では、出張というものがなくなり、会社が終わってたまに呑んで帰って遅くなる事はあるけども、泊りがけというのは本当に久々。ましてこのゴールデンウィークは。一緒にいて険悪になる時もあるのに、なんで一緒に共にしなくちゃいけないのかと、4月の中旬頃からなんとなく気が重くなっていた。たまには、何日か別々に過ごすのも必要。別々に過ごす事イコールリフレッシュと、私は思う。3泊4日だけだったけど、思い通り過ごせて楽しかったなぁ。